柔軟剤で洗濯すると柔らかくなる理由

そもそも衣類などに柔軟剤を使うのは、洗濯を繰り返すことで水によるダメージを受けた繊維の表面が荒れてゴワゴワとした状態になることを解消するためです。
もともと洗剤・柔軟剤には界面活性剤というものが含まれており、水になじむ親水基という性質と油になじむ親油基という2つの性質があります。
洗剤には、親水基にマイナスの電気を帯びたアニオン界面活性剤というものが含まれている一方で柔軟剤には、親水基にプラスの電気を帯びたカチオン界面活性剤というものが含まれています。
この2つを一緒に入れると、マイナスの電気を帯びた繊維の表面にプラスの電気を帯びたカチオン界面活性剤がくっつきます。
これにより柔軟剤に含まれるカチオン界面活性剤の親油基の部分が薄い油の膜のようになり、繊維がコーティングされるため繊維同士の摩擦抵抗を和らげ、衣類の手触りを柔らかくし、すべりが良くなる効果が期待できます。
しかし、柔軟剤の入れすぎは生地の吸水性を悪くするためボトルに表記された分量以上には入れないようにしましょう。